2014年10月26日日曜日

うしのあゆみもせんり。

サマータイムも明日で終わり。

朝8時頃に明るくなるから

起きるのがつらいつらい…。



アムステルダムにきて2ヶ月半。

いつも

’もう?!’

なのに

いまは

’まだ?!’

時間の流れがのんびりです。





東京やロンドンは2倍速、走るスピード。

ここも首都、でも歩くスピード。

そんな感じ。





最近は学校の授業にも慣れてきた頃。


これは先月。

まだ太陽がまぶしかった頃….。

アーティストレジデンス(だったかな?)の屋上でのクラス。

ヴィジュアルアートのアーティストでもあるYebとの授業では毎回いろんなところへ行く。

そのすべてが自分では見つけられないようなところだからおもしろい。



テクニックの授業では”チェーンを作る”って課題。

一つは”真鍮のワイヤー”でと決まっていて、こんなん作って。


もう一つは自分でマテリアルを選べて作れる。

ガラスを選んだので、その日は一日中ガラス科で作業。

なんとかチェーンになった。

マテリアルに触れてみて初めてわかることもあるから、

とりあえずやってみるのって楽しい。

先生の了承を得ればわりと自由に他学科のワークショップも使えるから嬉しい。

他の学校もそうなのかな?

これはレーザーカットの課題。かわいい子供達♡

データを自分で作ってレーザーカットする。

近代の技術を使う。

なんの動物かわからないけど、背骨の形がとてもきれいでそれを元につくった形。

骨ってほんとに神秘的。

なんであんな形が自然とできてしまうのか。


ほかにもメインのテーマと平行して

インスピレーションにつながるようなダンスのクラスや、

キュレーターの先生との授業。

いろんなことがドサッと一気に降ってきた。



そのどれもが初めてのもので

そのどれもがおもしろい。

でも正直なところ手応えはなく。

不完全燃焼モード。

噛み砕けでないかんじが歯がゆい。





”せっかち”




それがうきぼりになった。

結果が短期間で出ないと嫌になってしまう。

課題も飽きてしまったり、イトがきれてしまったり。



だから今のこの感じは挑戦。

課題自体というより

ゆっくりと育てていく感じに対する。



美容師の仕事も時間の区切りがとても短い。

数時間、数分。

それが単位になる。


前の学校もだいたい2週間で一つを仕上げてた。






”camouflage”

このテーマにとりくんで約2ヶ月。

悩みながら手探りで進めている。

ほんと手探り。

今、最初にスタートした位置からだいぶ違うところにいる。

想像とまったく接点をもたない、今。

そしてどこに向かうのか…..





←今。












ワクワクとモヤモヤと共存。

のんびり進めるって楽じゃない!!





”気長”

それが今の課題。

29歳、秋。












2014年9月2日火曜日

アイアムステルダム〜

毎度お久しぶりです。

アムステルダム生活も3週間目に入り。

スコー氏ずつではありますがなれてきたかな、

という感じです。



’家を見つけるのは難しい’

前々からそう聞いていました。

慢性的な住宅不足らしいです。




着いてからの一週間、

パソコンとニラメッコ。

出ている物件が少ない….

内見したいと連絡しても返信なし。

内見いっても住人怪しい。

キャラ濃いよ、アムス…


みるみる不安の洞穴に。


1週間を過ぎた頃。

物件神が少しずつ味方に。

そして無事引っ越し。

緑の多い、そして近所に牛のいるところ♡

政府の補助があるらしく、ラッキーならば学生向けのスタジオに

シェアより安い値段で住めるとか。

カモンラッキー。

それまでは牛の近くに住もうと思います。








日本に帰っていた一ヶ月ちょっと。

いつものみんなで念願のチョリパンにもいけた〜
しんくん、ともちゃん、かっつんお邪魔しました♪

みずたくさんのんでごめんなさい!




そしてまたまたブロッコリーのお世話になって、たくさんの人が来てくれました。


ロンドンから帰る前に1週間ヴィダルサスーンアカデミーに。




短くてあっという間だったけど、

たくさんの

’ほぉ〜’

が発生して楽しかった。


それを早く試したくてウズウズ。



その犠牲(?)になったのがこの人↓↓↓  こいk。
 いい感じにパーマ残ってたからそれを残そうかって話だったんだど、この通り。

だってウジウジしてるっていうからw

毎回”切られた〜”って文句しか言わない。

そのくせ毎回きりに来てくれる。

ありがと、ふふふ。



30センチ以上の断髪も〜





この長さから〜





















ここまでばっさり。



何年もかけて伸ばした髪と数秒でさようなら。

楽しくもあり、ドキドキもした。


”好きにやって〜”

っていつもまかせてくれるともさん。



まかされるのって最初は正直不安だったな〜

でも今はワクワクするから亀の歩みで進めているみたいです。



ヴィダルでベーシックカットコースをやったけれども、

ベーシックの理解が前より深まったからか少し自信がついた。

でも悔しい思いもしたのでまだまだ亀でも進みたい。


”型破りとは型がある人がやるから型破り”

って中村勘三郎さんがいってたなぁ。


基本ってやっぱり大切なんだなと、

今更ながらにおもいました。


娘のファーストカットはわたしにと待っていてくれた人もいた。

広島からきたあつぬん&みなちゃんにも会えた。
(新しいけんだまの使い方→)


髪を切るって口実でまたみんなに会えるのが嬉しいっす。

来てくれた人、連絡くれた人ありがとうございました。



そしてブロッコリーのみんな今回もありがとうございました:)













週末にロンドンから友だちが遊びにきてくれたおかげで

イロイロとアムステルダムをゆっくり見れた。

東京やロンドンと比べるとよっぽど小さな街だけど、なかなかおもしろそうです。




今週からいよいよ学校が始まるぅぅぅ〜

3年間の大学生活スタートです。

どうなるのか未知。

いつでも未知。
















2014年6月3日火曜日

もうすぐ帰ります〜。

毎度、お久しぶりです。

最近専門学校の同級生、サエコがニューヨークにたびだって。

ブログをまめにあげていて。

かんかされた次第です〜

ロンドン来てから今に至るまで、わたしが書いた数よりすで多いと思う...

http://ameblo.jp/saekosaeko03/

これリンク。

違う土地での新生活。

よかったら拝見あれ。

ロンドンきた時の自分を思い出しつつ読んでるよ〜、サエコ!



そうなんです〜もう1年以上たちました〜



1年はあっという間に過ぎてしまう365日なんですが、

新たな考え方や興味や好きなものを見つけるには十分な時間かもしれない。




ロンドンにくる前と今と、

いろんなことが自分の中で増えたなーと。

’変わった’というより’増えた’

って感覚のが近い気がします。






この一年ジュエリーデザインを学んでいて。

もともとはヘッドアクセサリーを作れるようになったら

ヘアセットしにきてくれた人にプラスアルファの提案ができるな、

ってのが始まりだったんだけど。




セントマで勉強した一年で、”コンテンポラリージュエリー”

とういう分野がおもしろくなって。

最初はファンデの1年でいーやーなんて思ってたんだけど、

もっと勉強したいと思ってしまい。

学部に進もうと決めまして。








最終プロジェクトで作った作品。

締め切り日を1日間違え、

やべってなったがなんとか提出。








常になんだかいろいろと、

ぎりぎりセーフとアウトの紙一重をすり抜けてたこの一年。

周りの人にサポートされながら、どーにかなんとか今ここに至ります。






全部書いてしまうと帰ったときにネタがなくなってしまうのでざっくりと。

というかためすぎて何から話したらいいのかわからない!



というわけで今月日本に帰ります〜2ヶ月ほど。




うわさによるとすでに30度を超えているトーキョージャパンらしいですね。

本日ロンドン19度…..。


バテませんように。








2014年4月1日火曜日

しがつ!

気がつけば4月。

日本は4月がイロイロ始まる季節。

こちらロンドンはイロイロが大詰めになってきています。

最終プロジェクトも大詰め。

もう一踏ん張りのとこまでなんとかきた。

無事作品が完成したらupしよ〜かな〜ってね。

5月にファウンデーションのexhibitionもあるので、

その時期ロンドンにいるよ〜って人も是非みにきてくださいっ




めまぐるしすぎるのとたくさんのことが起きているのと。

この鳥脳はそれを処理しきれず。

結果もう4月ということに驚いています。




こっちにきてからずっと仲の良かった友だちが国に帰ることになり、

どんどん荷物が運び出され空っぽになっていくフラットを

住人でもないのに感慨深くみていた週末。



こっちにきてから

’一期一会’

をよく実感する。

仲のいい友だちが同じ場所にいて、同じ時間を共有できるというのは

ものすごい確率なのかもしれないと。









てなわけで4月です。

4月はわたしの古巣、

Broccoliが誕生した月でもあります。

こっちでできた友だちも一発で覚えてくれるこの名前。

オーナーHDKのぽっといった一言で決まった

’Broccoli’

いつもいろんなことをしていて、いい刺激をくれる、

そんな場所でメンバーです。



ってことで


バンっ


2周年パーリー開催!

あれ?3周年?

あ、2周年だ。


毎回たくさんの人がきてくれるBroccoliのバーティ。

出店もライブペイントもさらにパワーアップしてる模様。

アーンド、ルーキーけんくんとアイドルからあげも加わって、

ブロッコリーもさらにパワーアップしてる模様。


Broccoli 2nd Anniversary Facebook page:


今年も酸欠必至、盛り上がるんだろうな〜

うらやま〜



        ブロッコリーのみんな、2周年おめでとうございます。



ロンドンより愛をこめて




2014年2月14日金曜日

とっくにあけましたが。

おひさしブログです。

ロンドンにきて早9ヶ月。

いろんな葛藤、迷い、発見etc….多々あるものの、

相変わらず学校のことに追われている日々です。

i am スローワーカー。



でもやはり学ぶっていうのはおもしろい。

きっと知らないことを知ることができるからなんだな。



最近知ったことはインスタントコーヒーとは解けるやつのことで、

解けないタイプのインスタントコーヒーと思っていたのは

フィルターコーヒーだったということです。

どーでもいいか。



さて、大学の授業もいよいよ大詰めで、最後のプロジェクトにとりかかっています。

毎回テーマが出るたびに、まずテーマを理解することがスタートなんですが、

今回はそのテーマも自分で決める。

この1年の集大成となるプロジェクトみたいです。

ってことでテーマを考えるところからスタート。



2つ候補をあげて、チューターと相談してどちらにするか決めていく。

好きに選んでいいと言われたら、

もちろん2つのうちの1つは

cow♡

牛への愛がたっぷり詰まった内容でございましたが見事に却下….。

”きっと今じゃないんだ”と自分に言い聞かせ、

もう一つの方のテーマに決定。



”STAGE FRIGHT”



あがり症がテーマ。

人前にたったときのあの理不尽な体や声の震え。

頭や視界が真っ白になる感覚。

それをコンセプトにジュエリーピースを作るのですが、

どんなものを作るかが

10000%

ノーーアイデア。

まぁ、毎回課題のスタートは何を作るか全く予期できない。

でもだからおもしろい。

アイデアを形にしていくためにするリサーチ。

”知る”

ということはいい意味でいつも自分の予想を裏切る。




”あがり症”と”ジュエリー”




なんとかおもしろい糸口をみつけたいものです。








あ、あけましておめでとうございます。

ハッピーバレンタインなのか、世の中は。



2013年12月7日土曜日

ガリベンタイム。

学校が始まってまだ3ヶ月。

信じられないくらい濃いぃぃ。

週7で学校に行っていたここ最近。

久々家でのんびりサタデーでございます。


もうすぐ冬休みで一息つけるのかと思ったけど、

なかなか手強そうな課題がでたので、

結局やっぱり、ファンデが終わるまで一息つけることなんてないのかなとw





"bespoke"

というプロジェクトで作った作品。

これが初めてワークショップを使った

”作品”。



今までも紙や、針金、石膏とかで

モデルを作ることはあったけど、

作品ってより”工作”って感じだったw


プロジェクトのさいごにはプレゼンと批評。

わしが先生から言われたのは

”I hate final piece!!”  だったww

はい、詰めが甘い性格がもろにでまして。

表向きはそれなりでも、裏をマスキングテープでとめてたりしたもんで、

”美しくない!!”

とのことでしたww



毎回プロジェクトをやるごとに失敗&スランプ&パンクetc,,,,

ほんとに毎回いろんなパターンでわしをうーむとさせるやつらが出現。



でも、このうーむ要素に毎回勉強させてもらっている気もする。




”bespoke”の前のプロジェクトではプロダクトデザインを選んだんだけども、

このときは完全にイトが切れてしまった。

時間はあったけど集中力が完全に切れてしまったのです。

脳みそ完全ショート。

結果スウェーデンに逃避w


ホストファミリーや、

わしを10キロ以上太らせたじゃがいもたちと再会してリフレッシュ。


スウェーデンのことはまたべつで書こうかねぇ〜

余談でございました。





あ、そんでそんで。

飽き症なわしには特に、

アイデアや作業は生もので、

賞味期限のようなものがある。



”いい!”と思えてる期間、

作っていて楽しい期間、

集中できる期間ってのは限られていて

その間にやってしまわないと

腐ってしまって、いいとは思えなくなってしまう。





これをふまえて“bespoke”プロジェクトに望んだのです。

”time planning”

に気をつけながら。


で、このプロジェクトからは

自分のできる作業量ともっている時間、

それと作ろうとしてる作品のアイデア、

この3つのバランスを考えること。

これを学んだかな。


わしは欲張りだからイロイロな要素をつめようとしすぎてしまう。

こだわるところにこだわりすぎて、最後はバババっとなって詰めが甘くなる。

その結果が"ugly final piece"です。w


ってなわけで、次はそれに気をつけて課題に取り組もうかね〜と思っとります。

毎回毎回ほんとに学ぶことが多い。

学校ってこんなに学べるところだったんだと思うばかりっす。

いまさら、はは。



さてさて、もうすぐ引っ越し。

次の更新は新居から!?



ブログの詰めも甘い気が〜では!


















2013年9月28日土曜日

クニーロで28につき。

”バタバタ”

という言葉がほんとに似合った今年の夏。

ショートコースが終わって速攻日本に戻って。

ビザの申請して、その間にブロッコリーにも出勤させてもらったり、


髪染めてもらったり、
       

          


ぴーのりに笑わせてもらったり、














うんこの店にいって下北帰ってきたの実感したり、





チョリパンやっぱうまいなと感動したり





カフーと会話できるようになったり、





いつものみんなが集まってくれたり、



遠い昔に感じるくらい、隙あらばでかけた慌ただしくも楽しい2週間だった。




日本に”戻る”そして”ロンドンに戻る”

なんだか自分の所在がよくわからないふわふわした日々。





もはやビーサンの似合わない、小雨降る肌寒いロ

ンドンにふただび着いて、そして翌々日から授業に参加。



初日はもちろんテンパリ症候群。

授業は散々だった。


3週目までをおえて、

やっぱり人間少しずつなれていくものなんだな。

今はなんとか授業を楽しめてます。



授業をうけてて思うのは、

アイデアは特別なところから拾うわけじゃないんだってことと、

それは日常に腐るほど転がっているってこと。

そして、いかに自分がルーティーンのなかでぼーっとしていたかということ。

拾わなければ拾えないわけで。

戸惑うこともたくさんあるけど面白いと思えていることに少し安心しているわたしです。



そして昨日は

はは〜

とうとう28歳になりましてん。

今年の誕生日は何事もなく一人ですごすのであろうと思っていたが、

心優しきティーン達が祝ってくれました。








まさか28歳を学生として迎えるとは思わなかったけど、

大きな変化のあった27歳に負けないような

実りあるニッパチにしたいものです。









作業の遅い私は(しかも英語も難ありなので....)

毎日毎日課題にてこずっておりますが、

でもそれをやってる間が一番幸せと思ってしまう。

なもんで半引きこもり、かつ断然ビール飲む量が減りました。ははは。



さて、またスケッチブックとニラメッコしてきます。

ではでは。



p.s.誕生日のメッセージたくさんもらって嬉しかったです。ありがとうございました。

  やっぱり誕生日は祝ってもらうためにありますねww